皆さんこんばんは。
プレーリー探偵事務所、代表の平原です。

いくつかの調査が終了し、ご報告の面談がございました。
ここ数年の中でも際立って悪質な浮気者の調査もございました。
調査員一同、目を覆いたくなる現場も…。

覆うどころか目を見開いた上で、カメラにすべて収めなければなりませんが…!

調査報告書をお渡しした方達も、これからがある意味本番…戦いのスタートです。
どうか、自信を持って、未来を勝ち取って頂きたいと願っています。

探偵はどんなカメラを使うのか?

探偵が使うカメラ!と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは、小型カメラやペン型などの偽装カメラではないでしょうか?
実際、グーグルなどで「探偵 カメラ」なんて検索するとそのようなカメラが多々ヒットします。

ですが、実際のところでは、そのようなカメラを使う頻度が高い探偵は、意外と少ないものなのです。
我々はカメラに対し「小型」「カメラに見えない」といった要素を最優先では求めないからです。

 

現場で要求されるカメラの性能

特殊な場面を除き、我々がカメラに望む性能は主に以下の通りです。

・画質
・ズーム性能
・暗所撮影能力
・バッテリー容量

画質については、近年の小型カメラでもある程度性能に期待ができます。
しかし、特にズーム性能、暗所撮影能力については小型カメラでは難しい場面が出てきます。

この2つの条件をクリアするのは、ある程度の大きさのレンズ、そして光センサーが必要なのです。
必然的に、我々が使うカメラのサイズも、最低スマホ程のサイズの物になってきます。

徒歩での撮影

意外に思われるかもしれませんが、割と多くの探偵はカメラを剥き身のまま持ち歩いていたりします。
調査対象者が急に建物に入ったり、誰かと合流した時に慌ててカメラをバッグから取り出しているようでは間に合いません

布にくるんだり、手で隠すように持ち歩いたり、すぐに撮影開始が可能な状態で持ち歩き、自然な動作で構えます。
勿論、顔の前にカメラのモニタ出してバレバレの撮影など行いません。

腰や肩掛けバッグの陰などに、素早く不自然にならないようにカメラを構えて撮影します。

車からの撮影

車内からであれば、カメラを構えるのはある程度気が楽になります。

席から構えて撮影するのは勿論、三脚を立てて撮影する事もできます。
後部の窓にスモークをかけておけば、カメラがバレることもまずありません。

このため、車内で使用するカメラはかなり大型にする事もでき、暗所やズーム機能に優れたものを用意します。
薄暗いラブホテルの駐車場や、遠方に車を置いて車内からズームを利かせたカメラで張り込み、なども可能になります。

小型カメラは超近接撮影時が主

小型、偽装カメラはよほど対象者に接近して撮影する必要がある場合にのみ利用します。
とはいえ、そのような場面は実際の現場では殆どないのが現実です。

我々はある程度の距離から相手を捕捉、追跡しなければならず、接近=リスクになる事が殆どだからです。

このように、場所次第で各々カメラを使い分けて調査員は現場で活動を行っています。
彼らのバッグの中には必ずといっていいほど、パワーバッテリーとメモリーカードの予備が入っている事でしょう。
事務所に帰ると、まず真っ先にバッテリーを充電器に挿します。