こんにちは。福岡県北九州市の探偵
プレーリー探偵事務所小倉駅前の代表、平原です。

調査用の車両を1台新たに追加しました。
車社会である福岡県での調査は、車両は必須条件です。
探偵にとって車とバイクは命といっても過言ではありません。

car

どんな車で尾行するんですか?
面談時によく聞かれる質問です。今日は調査車両のお話。

実の所、探偵の車はこれだ!といった答えは決まっていません。
探偵によっても好みの車はまちまちで、自分の好きな車で調査に出る
調査員も少なくありません。それで結果が出れば問題ありませんしね。

ただ、大体の探偵さんは皆以下のような特徴の車を好みます。

  • 大衆車で目立たない
  • 小回りが利いて運転しやすい
  • 高速でも安定して運転できる
  • 整備が比較的簡単
  • 後部座席に隠れてても疲れにくい

大体、このような条件を踏まえると
軽バン ミニバン 等の車に落ち着く事が多いように思います。
例えばアクティエブリィハイエースといったものや
フリードラクティスなどでしょうか?(私も好きです)大体色は
皆目立たないグレーを好むような気もします。

場合によって勿論車両を変える事もあります。
住宅街なら配送や作業車のような軽バンを使う事が多いですし
長距離や車中泊が考えられる場合はミニバンタイプを使います。
怪しまれないよう、日ごとに使用する車両を変えるのも日常的です。
そのためにも、車両種は多いほど探偵は有利になります。

車内で張り込みってやっぱり辛いですか?
という雑談じみたお話もよくするのですが、実際のところ
車内で張り込みできるシチュエーションはとっても楽です。
(車が怪しまれないように注意はしなければなりませんが)

探偵は立って張り込みを行う事が本当に多いのです。
そのため、今のような季節、外で長時間張り込みを続けていると
身も心も氷つき、身体の動きが鈍っている状態で不意に出てきた
相手を尾行しなければなりません。

car2

そういう事を考えると、エンジンをかけられない状況だとしても
風に直接当たることがなく、視認されにくい車内での張り込みは
比較的とても楽な部類になります。

この時、ある程度車内にスペースのある車両で張り込みをしていると
そこまで疲労感が無く、高いポテンシャルを保つ事も可能です。
あくまで個人的にはですが、そういった所を重視して車を選びます。

温かい缶コーヒーやホッカイロがありがたい季節
年末も風邪を引かないよう、新しい車と共に頑張りたいと思います。