皆さん、こんにちは。
プレーリー探偵事務所、代表の平原です。

今月も恐ろしい勢いで月日が流れていきました。
先月から続いていた案件もいくつか、ようやく終わりを迎える事が出来ました。来月からも引き続き調査が必要な案件の御依頼者様方、いま暫く結果についてお待ちい頂ければと思います。

_shared_img_thumb_YUUSEI85_aksbb15231030_TP_V

「探偵って危ない目にあったりしない?」

あまり自身の職業を人に話す事はないのですが
私が探偵という事を知る人は、大抵この様な事を聞いてきます。

探偵という職業は殆ど表に出てくる事はありません。
仕事内容を表面から見ると、リスクが高い様にも思えます。
加えて、探偵って悪い事もするんじゃないか…などなど
とにかくグレーなイメージが付きまとう職業です。

これらのイメージ、正直言って私は否定する事はしません。
基本的に人の同行をバレないように探るという行為はリスクがあります。
場合によっては相手がとんでもない人間だったり、揉め事に巻き込まれたり
する可能性だって無いわけではありません。

悪徳探偵が存在するも事実です。
また、探偵社自体はまともで依頼者にとっては心強い味方であったとしても
尾行中は真人間で居ては仕事にならない場合が多々あります。

「グレー」と言われれば、意味合いはそれぞれあるでしょうが
否定できないのが事実です。

そんな中でも、私は堂々と伝える事があります。
「過程がグレーでも、結果がホワイトでないといけない」という事。
我々探偵が収集した証拠が、反社会的行動の材料になってはなりません。
調査結果が、正当な理由で困った人の助けになるのが「良い探偵」の仕事だと思っています。

その中で、出きるだけ日常生活を送っている、他の人様の
迷惑にならぬよう最善を尽くしていくのが私の理想です。

調査員らにも危ない目にあって欲しくありません。
頑張って追いかけようとした結果、事故にあってしまったり
怪我をしたり、トラブルに巻き込まれたりしては元もこもありません。
まだチャンスがあるのなら、無理をせずに退かせる事もあります。
彼らにも家族が居て、自分の生活があるわけですから。

日々、調査員らと頭をこねくり回し、リスク管理を徹底し
これからも調査に挑んで参りたいと思います。

追伸:どこの誰かは不明ですが、つい先日、尾行中にエスカレーターで
押し退けてしまった20代サラリーマンさん、すみませんでした!