先ほど1件の調査結果が報告書として仕上がりました。
北九州の探偵事務所、プレーリー探偵事務所代表の平原です。

IMG_2473

「以前、他の探偵社で頼んで失敗したんですけど・・・」

何故だか最近、そんな依頼が頻繁に来るようになりました。
先日もそのような相談があり「その探偵社の報告書を見せてもらえますか?」とお願いしました。

それを見てびっくり。
まず、何より報告書が薄い。たったの10枚ペラ。
「あれ?契約書か?」と勘違いしてしまう程でした。

「一体何日調査したんだろう…」
そう思って流し見してみると、調査期間はなんと3週間!!

証拠はおろか、対象者の顔もロクに写っておらず
浮気相手の容姿は全く記載されていません。
おまけに尾行は失敗続き。

というかそもそも写真に日付が入っていないので
証拠としても使い物にならない有り様!!

恐る恐る聞いてみました。
「これ、調査料金いくらだったんですか…?」
すると、しぶしぶと言った感じでご相談者様は呟かれました。

「80万円です…」

噓でしょう!? 思わず口から漏れてしまいました。

「嘘だったらいいんですけどね」とご相談者様は苦笑い。

その後、セカンドオピニオンという形でこの方は当事務所でご契約頂き
調査期間中もよくお話する事ができ、結果、2週間ほどで調査は成功しました。

調査員がガチッと現場に入った回数は8回程でしたが
報告書の枚数は180枚程になりました。
調停や裁判で使える証拠を作るなら、これぐらいの枚数は当たり前のはず!

簡単に言ってしまえば、依頼者様は決して安くないお金で
報告書という大事な証拠を買っているわけですからね。

それにせっかくあげた成果なら、ばっちり胸を張って報告したいものです。

質の高い調査と報告書は、プレーリー探偵事務祖へ!