こんばんは、調査員Kです!

最近、ちょっと特殊な案件のため、東京の探偵さんと組んで調査を行いました。
調査地は北九州内だったので、僕にとっては特に問題のない調査で、無事成功もしたのですが、東京の方からすると福岡県内の調査は「やりづらい」と感じる事が多かったようです。
逆に言えば、僕らも時々東京などで出張調査を行う事がありますが、都心部の調査は難しいと感じます。

東京都と福岡県での調査には色々な違いがありますが、もっとも大きな違いとして「主な交通手段」の差があります。

nkj56_kaisatusyakai_tp_v

東京などでは公共交通機関がとても充実しており、ほとんどの人が電車、バス、モノレール、地下鉄で移動します。
これらは「徒歩尾行」として分類され「徒歩尾行に長けた探偵はまず食いっぱぐれる事はない」と言う人が居る程です。
ですが実際は人がとにかく多く、入り組んだ建物などの中見失わずに尾行し続けるのは簡単ではありません。

逆に福岡県では、車の所有率が都心部より高く、車社会です。
必然的に「車両尾行」の頻度も都心の調査より圧倒的に高く、車・バイク尾行の腕と連携が重視されます。
当然、車を追いかけて終わりではなく、降りて歩いていく対象を徒歩で追いかける「切り替えのスピード」も必要です。

東京の調査員さんにとっては「福岡は人がまばらで紛れにくいし、道路事情も特殊だ」だそうです。
僕らからすると東京は「人が多くて見失いそうだし、ほとんど立ちの張り込みと徒歩尾行で大変」と思います。

こういう時こそやっぱり、しっかりとした下見や情報が大事だなって思います。
そういう下準備こそが、調査員の安心にもつながるし、調査の成功にも結び付くわけです!

ご相談にいらした皆さん、どんな細かな事でもいいので、気づいた事は遠慮せず言って下さいね!
あと、調査にご協力頂いたT調査員、時間のかかった調査ではありましたが、成功して楽しくご飯も食べられてとても充実したタッグ調査でした。
また機会があれば、小倉でご飯食べましょう!