ページ上へ

浮気の瞬間を撮影する

尾行が上手くいっても、浮気の瞬間をカメラに収めなければ意味がありません。
一体どのような画像・物が証拠になるのでしょうか。
証拠の採用基準、浮気の証拠を撮影するための方法、テクニック等についてまとめました。

証拠能力について

浮気現場のホテルの部屋

裁判で慰謝料を請求する場合、不貞行為があったことを証明しなければなりません。
不貞行為とは所謂身体の関係があったかどうかを指し、浮気をしていた期間についても慰謝料算定の判断基準となります。
なお、浮気の証拠の具体例としては以下のようなものが挙げられます。

ラブホテルに入る瞬間の写真
性行為の様子
浮気相手の家に通う様子の写真
ラブホテルの領収書やクレジットカード明細

この辺りは、不貞行為を裏付ける強力な証拠となります。
性行為の様子など撮影できるわけが無い」と考える方も多いかもしれませんが、意外にもこのような証拠が提出されるケースは多くなっています。(自宅で性行為に及ぶこともあるためです。)

なお、浮気相手の家に入る瞬間の写真については証拠としてはやや弱めです。
なぜならば、自宅の中で性行為が行われているかどうかは証明できず、ご飯を食べていただけ・お酒を飲んでいただけ、と言い訳の余地を与えてしまうためです。
したがって、こちらについては複数回分(多ければ多いほど○)を集めておいたほうが良いでしょう。

身近に潜む「証拠」とは
浮気の証拠となるもの

上記の他、スマートフォンの検索履歴交通系ICカードの利用履歴日記SNSラブホテルのライター等も証拠として採用される可能性があります。
特に、交通系ICカードの利用履歴は暗証番号等が無くても駅の券売機で確認することができますので、証拠集めの足がかりにもなり得ます。

また、浮気相手とのメールやLINEメッセージ等も証拠になりますが、改ざんの可能性があるためスクリーンショットは原則として認められません。
したがってメールの場合は自身のアドレスへ転送する必要があるのですが、転送した形跡を残してしまうと調査がバレる恐れがありますのでご注意ください。

高度の蓋然性

民事訴訟において、専門家の間でたびたび「立証の程度」が議論になります。
最高裁判所の判示によると、因果関係の立証は以下の通り行うものとされています。

“一点の疑義も許されない自然科学的証明ではなく、経験則に照らして全証拠を総合検討し、特定の事実が特定の結果発生を招来した関係を是認しうる高度の蓋然性を証明すること”

高度の蓋然性とは、割合にすると80%程度のイメージです。
つまり、客観的に見て事実と認識できるものであれば立証責任が果たされ、証拠として認められる余地があることになります。

なお、刑事事件では死刑や懲役刑といった非常に重い刑が科されますので、「疑わしきは罰せず」「疑わしきは被告人の利益に」といった言葉があるように、厳格な証明(100%)をしなくてはなりません。

撮影時の注意点

ウェアラブルカメラで証拠撮影

決定的な瞬間に巡り合い、撮影にも成功した!
が、それを裁判所が証拠として認めてくれるかは分かりません。
撮影時は必ず以下にご注意ください。

違法な撮影

盗撮や盗聴といった違法行為によって得たものは証拠として採用されません。
また、自宅内だからといって、配偶者のプライバシー権を侵害した撮影は違法と判断される恐れもあります。(風呂場やトイレなど)
自宅を録音・撮影する場合は、リビングや共用の寝室などの最低限の場所に留めておきましょう。

使用方法の事前確認

実際に再生してみると写っていなかった」というケースは多いです。
使い慣れていないカメラやビデオを使用する際に多く見られるミスで、SDカードが入っていなかった・誤操作・バッテリー切れ等が原因として挙げられます。
操作方法をしっかりと確認し、実際に事前に撮影をする等で練習しておきましょう。

不鮮明な映像・画像

写真を取りなれていない人に多く見られるミスです。
被写体にピントを合わせることができないと、写真がボヤけてしまったり、不鮮明に写ってしまったりすることがあります。

そのため、事前にしっかりと写真撮影の練習をしておくようにしてください。
なお、正面からのアップよりも斜め45度くらいの位置から全身が映る形で撮影した方が両者の特徴や状況が特定しやすく、証拠能力が高まります。

自身が無い方は動画がオススメ

動画撮影用のカメラ

小型のカメラであればメガネや衣類の中に仕込むことが可能であり、いちいちシャッターを押す必要がありません。
また、不要なものが写り込んでしまった場合はカットできますし、カメラの存在が相手を不用意に刺激してしまう(目立ってしまう)といったリスクも回避できます。
ただし、暗い場所でも撮影が可能な高性能カメラは非常に高価であり、高いものですと数十万もしてしまいます。
お財布と相談しながら購入するかどうかを決めましょう。

浮気の証拠を掴むのは容易ではありません。
しかし、意外にもあっさり証拠を掴めてしまう可能性も十分に考えられますので、常にアンテナを張っておくことが重要です。
また、あまりにも踏み込み過ぎると対象者にバレてしまう恐れがありますので、くれぐれもご注意ください。